読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Best Offer

ビリーの描いた《ポートレイト・オブ・クレア》は一度はやり過ごされ、ヴァージルは目の前のクレアを連れ出すcollectことに注力する。クレアと愛しあうようになったヴァージルは、やがて彼女に自分のコレクションをさらけ出す。私の前にこんなに女性がいたのねと彼女は言う。我々と共に暮らし、ここを家にしてほしいと彼は言う。この愛し愛されている集まりcollectionに《クレア》が迎え入れられるとき、ヴァージルはすべてを失い、身一つで《クレア》を抱えて約束の場所に向かう。ヴァージルはカフェ《ナイト・アンド・デイ》でウェイターにこう言う。I'm waiting for someone. 彼はそこで昼も夜も思い出す。

ヴァージルがはじめから《クレア》を見ていればビリーの絵は贋作のままだった。クレアこそがただひとりの女性になるとき、ヴァージルの見初めた女たちはポートレイトになり、ビリーの描いたポートレイトは本物になる。だが《クレア》がヴァージルの女たちに連なる瞬間、女たちは贋作なのであり、《クレア》もまた贋作だということが露になる。

プレゼントとオートマタと《クレア》が、コレクションが連れ出されたあとにもヴァージルの家には残されている。それらはヴァージルを見つめて、わたしたちはヴァージルを見つめ、彼は彼の時間の堆積collectionになる。